2016年10月31日

昭和天皇皇后訪米記念 小型シート 切り抜き使用


hinomaru.jpg


発売時の記念名は「天皇皇后両陛下御訪米記念」(S50.10.14 発行)
通常シートと同時販売された小型シートからの切り抜き使用になります。

消印は仙台東郵便局(S53.10.13)ですから後期使用ですね。
真ん中の無地部分を残してくれたおかげで小型シートと判別が出来ます。

このピースが良いのは真ん中部分を手でちぎっているところですね。
目打ちで切れば楽なのに、わざわざ手でちぎって残してくれて感謝です笑


さて、この切手のデザインをあらためて見てみるととても良いですね。
星条旗には桜、日章旗にはハナミズキがあしらわれていて色合いもとても好みです。

なぜハナミズキ?と思って調べると、ハナミズキの別名はアメリカヤマボウシで
アメリカ原産だったんですね!

そして、1912年に当時の東京市長がワシントンD.C.に桜(ソメイヨシノ)を贈った際に
1915年にその返礼として贈られたのが日本での植栽の始まりだそうです。
(wikipediaより抜粋)

この切手、単片貼りの封書とかカッコよさそうだと思いません?


こちらは近年ものキロボックスからの発見です。

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 06:00| Comment(0) | 日本切手 | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

インクジェット式機械印 東京中央 (19.**.5)


inktokyochi.jpg


今回は 東京中央郵便局 のインクジェット式機械日付印です。
いやあ、印影がきびしいですね笑

月が読めないのが非常に残念ですが贅沢は言えません!
なにしろ東京中央局のものはなかなか見つからないので笑

東京中央局でインクジェット式機械日付印が使用されたのは
H19.1.23~H19.9.30ということで、使用期間は約8ヶ月と短いのです。

民営化に伴い設置された 丸の内支店 に業務移転となったためで
H19.10.1から丸の内局のインクジェット式機械印が登場しますが、こちらも短い笑
丸の内は H20.5.6 までの使用で、期間約7ヶ月です!

東京中央 と 丸の内 の完全な印影がほしいですね笑


こちらは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は ヤマセミ80円(H6.1.13発行) 最後期の使用例になると思います。

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 06:00| Comment(0) | インクジェット式機械印 | 更新情報をチェックする



最近の記事