2016年10月27日

鉄郵印 東京新潟間 上 ( 46.5.10 )


tetu3.jpg


鉄道郵便印、いわゆる鉄郵印です。
鉄道と郵便が両方楽しめる、一粒で2度おいしい的な消印ですね笑


さて「東京新潟間」の管轄は次の2局です。

 ・東京鉄道郵便局 (高崎線/上越線 など)
 ・新潟鉄道郵便局 (上越線/信越本線 など)

C欄「上」は便名で、一日1便の上り[新潟→東京]を意味しています。


鉄道路線を整理すると(上り便なので)新潟側から見て

・信越本線(新潟-長岡-宮内-直江津-長野-軽井沢-横川-高崎)
・上越線([長岡]-宮内-石打-水上-高崎)
・高崎線(高崎-大宮)

鉄道郵便ルートは、

・信越本線(新潟-宮内)→上越線(宮内-高崎)→高崎線(高崎-大宮)→東京へ

と読みましたがいかがでしょうか。
消印はシンプルですが結構ややこしい路線ですね笑


東京新潟間を一日1便とは少ない気がしますが、どんな便だったのでしょうか。
調べてみると、とても気になる列車に当たりました。

それは「 寝台急行 天の川 」です!
もう字面を見ただけで心が躍り狂いそうです笑

 天の川は上野-新潟間(上越線経由)を結ぶ夜行急行列車としてS38に登場しました。
 S47には新潟→秋田まで運行区間が延長されています (S60廃止)


それでですね、消印当時(S46)の「天の川」の列車編成を調べてみると
10系寝台客車達の片端に「オユ10」という郵便車が連結されていた様なのです!



i-oyu-10-2000-a2.png

・オユ10 (こちらの車両絵は「伊勢崎軌道」さんより許可を得てお借りしています)
 


上野新潟間を一日1便、郵便車を連結した夜行急行列車・・
今回のピース、この列車の可能性が高いですよね!

あ~頑張って調べて良かった笑


新潟を深夜に出て早朝上野に到着する、EF58牽引の客車列車「寝台急行 天の川」
満天の星の下を疾走する郵便車内の様子が目に浮かびます・・ロマンですね笑


はい。
鉄な方「ぜんぜん違うんだけど・・ニヤニヤ」という場合はこっそり教えて下さいね!
後でこっそり訂正させていただきます笑


こちらは骨董屋さんで買った4,50年代メインの紙付きの塊からの発見です。
台切手は キク15円(S42.7.1発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 06:00| Comment(0) | 鉄道郵便印 | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

消印もれ印 銀座局


ginnkeshi.jpg


消しもれ印、いわゆる「消印もれ印」です。
アクセス記録をみると消もれ印って意外と人気ある?

さて、今回は銀座郵便局の消もれ印です。


ぱっと見、あか抜けた感じがするのは活字がゴシック体だからですね。
消しもれ印は前回の那覇中央局のような明朝体?が多い様です。

印自体のデザインパターンはありがちですが、ゴシック体は珍しいかと。 
さすがは銀座です笑 はい。


余談ですがこの切手、発光枠が有るように見えませんか?
実はこのメジロ50円には発光タイプが存在します(小型シートのもの)

これは!と思って切手をはがしてみました(別のピース)
別ピースなのですが全く同じハガキで同様に発光っぽいモノです笑

裏面を見ると何かの応募ハガキからのピースで出所が同じなんですね。
こういう事はキロボックス等ではたまにあります。

で、切手をはがした結果は・・がっかりするものでした笑
なんと切手の貼り位置を示すベタ塗りの四角が印刷されており、それが透けていたのです。

これはもう切手を貼った人を褒めるしかありません。
なにしろ発見した3ピースともどんぴしゃの位置に貼られていたのですから笑

こんながっかりの繰り返しが実は楽しいので、まあ良しとしましょう。
なんか余談のほうが長くなっちゃいました笑


こちらは近年ものキロボックスから捕獲。
台切手は メジロ50円(H6.1.13発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 06:00| Comment(0) | 消印もれ印 | 更新情報をチェックする



最近の記事