2017年02月26日

局名間バー入り櫛型印 川内 (?.6.4)


sendabar.jpg


今回はいわゆる 局名間バー入り櫛型印 です。
櫛型印の局名活字の間に何故か「-」が入っているという消印です。


印影は 鹿児島県の 川内郵便局 のものと思われます。
印影が「川-内」となっていますね!

「と思われます」と書いたのには理由があります。
川内郵便局で検索したところ、全国にいくつも「川内郵便局」があるらしいのです笑


出てきた範囲で並べてみると次の通りです。

・川内郵便局 (せんだいゆうびんきょく)
 鹿児島県薩摩川内市西向田町2-5

・川内郵便局 (かわうちゆうびんきょく)
 高知県吾川郡いの町鎌田407-1

・川内郵便局 (かわうちゆうびんきょく)
 徳島県徳島市川内町沖島243-1

・川内郵便局 (かわうちゆうびんきょく)
 愛媛県東温市南方594-1

・川内郵便局 (かわうちゆうびんきょく)
 福島県双葉郡川内村下川内宮ノ下515-2


これで全部かどうか自信ありませんが、とりあえずこんなにあるんですよ笑
消印でそれぞれ区別がつくのかどうかも全く分かりません。

ということで今回のピースが本当に、鹿児島県の「川内郵便局」なのか分かりませんが、
教科書的に「局名間バー入りは九州管内」という公式があるので可能性は高いと思われます笑


それにしても、こんなに同名(読みは違うけど)の郵便局が出てきたのは初めてですね!
「川内」おそるべしです笑


こちらは骨董屋さんで購入したS40~50年代ものキロボックスからの発見です。
台切手は 弥勒菩薩像50円(S51.1.25発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(3) | 局名間バー入り櫛型印 | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

第1次国立公園 十和田 奥入瀬の渓流


towada2.jpg


第1次国立公園切手は戦前から戦後にかけて発行された切手シリーズです。
戦後のものはS26年まで額面が銭位00表示だったりとバラエティ豊かですね!

今回の切手は 十和田国立公園 として S26.7.20 に発行された4種のうちの一枚です。
モノトーンでの表現ですが、訪れたときの景色が鮮やかに蘇ってくる気がします笑


さて、消印ですがなんと前回(このカテゴリの)ご紹介の十和田湖と全く同じだと気づきました笑
消印は櫛型日付印で 秋田県 大館局 (S26.9.21)です。

さすがに偶然の可能性は低いと思われるので、同じ郵便物に貼られていたものと思われます。
消印の向きもほぼ同じですからまず間違いないでしょう笑

どういう郵便物だったのか、これ以上の事はこの単片からは分かりませんね。
まさかニセ消しじゃないとは思うのですが・・笑


こちらは使用済み日本切手ぐちゃまぜ2kg玉からの発見です。

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 日本切手 | 更新情報をチェックする



最近の記事