2017年02月22日

インクジェット式機械印 日本橋(27.8.24)


inkjetniho.jpg


今回はひさしぶりの インクジェット式機械日付印 です。
チョロ消しは結構あっても消印の状態が良いものはなかなか無いです笑


消印は 日本橋郵便局 薄いですが切手上の印影でデータを完読できます。
傾いているのは切手がナナメに貼られているからですね笑


日本橋局でのインクジェット式機械印の使用開始は 2007(H19).1.30 からです。
東京中央(1.23)・銀座(1.30)・渋谷(1.30)と共にデビューを飾った初期組のひとつですね!

どうせなら初期の消印がほしいところですが、その前に渋谷局の消印かな笑


こちらは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は ウメ82円(H26.3.3発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | インクジェット式機械印 | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

和文機械印 行橋 (27.5.19)


kitu30ki.jpg


今回は 横波型和文機械印 になります。
ほぼ満月印ということもありますが、台切手が少し珍しいかなというものです笑

印影は、福岡県の 行橋郵便局 平成27年の消印。
郵便局を一応しらべておきます。

 行橋郵便局 (ゆくはしゆうびんきょく)
 福岡県行橋市中央1-5-25
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300174006000/

はい。


使用例はハガキ額面52円に30円切手を貼り足して書状料金82円にしたものです。
キタキツネ30円は、まさにこの用途を想定して発行されたものでしょう。

十分想定される使用例ですが、実際この様に使われる事は少ないのではないでしょうか?
52円と30円切手が手元に有る事も少なそうだし、それが有るなら82円も有りそうですから笑

近年ものキロボックスを漁っても、あまり見かけた覚えがありません(記憶に無いだけ?)
そもそも私製ハガキ用額面の52円切手も使用量自体それほど多くないと思われます。


今回のピースの様な貼り方をすると下側の切手が満月消しになる確率が高いですね!
逆にいえば1枚貼りでは満月消しにならず波消し部が掛かる確率が高いという事です。

なのでソメイヨシノ52円の機械印満月消しも少ないと思われます(持ってません笑)


ご存じの通り2017年6月1日からの郵便料金改定でハガキ料金が62円に値上げされます。
30円切手の出番はさらに少なくなるでしょうし、52円切手は廃番になると思われます。

消印を集めるなら今のうちですね笑


こちらは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は ソメイヨシノ52円(H26.3.3発行) キタキツネ30円(H27.2.2発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 和文機械印 | 更新情報をチェックする



最近の記事