2017年03月25日

IRAN 11th anniversary of the "White Revolution"


uiran20.jpg


今回は イラン の記念切手(スーベニアシート)です。
1974.1.26 の発行で、 白色革命 "White Revolution" 11周年を記念したものです。

自分で書いていても何の事かさっぱり分からないので検索で調べてみましょう。

・・白色革命とは、イランの第2代国王が、1963年にイランの近代化、西欧化を提唱して発動した広範囲にわたる改革の総称である。白色革命は王の命令による革命を意味するが、その強引な手法は旧来の伝統を色濃く残していた当時のイラン社会に大混乱をもたらした・・(wikipedia抜粋)


はい。さらに詳しく知りたい方は検索してみてくださいね笑


今回のスーベニアシートは、特に目打ちもないので一見単なる印刷された紙という感じですが、
よく見ると、薄く消印が残っているのが確認できます。

この消印が実逓便の消印なのか、オーダーキャンセルの消印なのかは判別できません。
さすがに使い勝手の悪いサイズなので、たぶんオーダーキャンセルだと思うのですが笑

画像ではスーベニアシートの大きさが想像できないかと思いますが、
日本のお年玉小型シートよりひとまわり大きいぐらいのサイズがあります。

また画像では全く分かりませんが、用紙には「すかし」が入っています。
額面は20イラン・リアル(換算が妥当なのか分かりませんが現在のレート換算で 約0.07円)

図案は・・何でしょうか?象形文字のような感じですね。
アラビア文字が読めれば意味が分かりそうですが、無理なのでこれ以上は何も分かりません笑

とにかく切手という感じがあまりしない変わったモノを発見してしまいました・・


こちらは国内外混合370グラム玉からの発見です。
切手の発行日等はネット上のカタログ「colnect」で調べました。

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 外国切手 | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

和文機械印 青梅 (64.1.3)


oume64.jpg


今回は「昭和64年」の消印になります。
ご存じの通り 昭和64年 はわずかに7日間しかありませんでした。

探してもなかなか見つかりませんが、年賀印 64.1.1 は割と見つけ易いのはご想像通りです。
しかし年賀印の場合、実際に押印されたのは 昭和63年 ですから今ひとつロマンに欠けますよね笑


今回の印影は 和文機械印(唐草機械印) で東京の 青梅郵便局 昭和64年1月3日の消印。
という事で、このピースは正真正銘「昭和64年」に押印された消印という事になります。

さて、昭和64(1989)年のカレンダーがどうなっていたか見ておきましょう。

syouwa64.jpg


はい。ということで 昭和64年1月3日 は振替休日明けの火曜日でした。
昭和64年の消印収集における難易度は「曜日」という要素が結構重要かと思われます。

カレンダーを見る限りでは 元旦の振替休日 となった 1月2日 は難しそうですね!
1月1日の年賀印ではない消印はもっと難しそう!
ついでに言うと、日曜日の平成元年1月8日も難しそう(でもこれは記念押印が多いか笑)

こういう難しいのがあるから余計に収集欲が湧いてくる訳です笑
できればコンプリートして1リーフ作りたいですね!


こちらは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は リンボウガイ60円(S63.4.1発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 日付・時刻モノ | 更新情報をチェックする



最近の記事