2017年08月18日

和文機械印 さいたま (23.7.22)


saitam23.jpg


今回は 和文機械日付印(横波型)です。
印影の局名は「さいたま」 平成23年の消印。

さっそく郵便局を調べてみましょう。
民営化に伴い さいたま中央郵便局に併設された「郵便事業さいたま支店」の消印と思われます。


 さいたま中央郵便局 (さいたまちゅうおうゆうびんきょく)
 〒336-8799 埼玉県さいたま市南区別所7-1-12
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300103001000/


 沿革も見ておきましょう(wikipedia抜粋)
 
 明治5年7月1日 - 浦和郵便取扱所として設置。
 明治8年1月1日 - 浦和郵便局(二等)となる。
 明治22年9月1日 - 浦和郵便電信局となる。
 明治36年4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い浦和郵便局となる。
 昭和33年4月 - 局舎新築落成。
 昭和53年3月27日 - 現在の場所に局舎を新築・移転。旧局舎を利用して浦和中郵便局設置。
 昭和62年7月1日 - 浦和中央郵便局に改称。
 平成15年4月1日 - 日本郵政公社発足と同時にさいたま中央郵便局に改称。
 平成19年10月1日 - 民営化に伴い、併設された郵便事業さいたま支店に一部業務を移管。
 平成24年10月1日 - 日本郵便株式会社の発足に伴い、郵便事業さいたま支店を統合。


はい。印影は平成23年ですから郵便事業さいたま支店が存在していた期間に当てはまりますね!


さて、「さいたま中央郵便局」は元の「浦和中央郵便局」ですか。
浦和市、大宮市、与野市が合併し、さいたま市が発足したのは平成13年5月1日です。

「浦和中央郵便局」から「さいたま中央郵便局」への改称はすこし遅いぐらいかな。
しかし、すっかり街も郵便局も「さいたま新都心」にお株を奪われてしまった感じがしますね笑


こちらは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は キジバト80円(H19.10.1発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 12:00| Comment(0) | 和文機械印 | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

丸型印 岩手流通センター内 (22.10.1)


iwaryu22.jpg


今回は 丸型日付印 です。
印影は 岩手流通センター内郵便局 平成22年の消印。


さっそく郵便局を調べてみましょう。

 岩手流通センター内郵便局 (いわてりゅうつうせんたーないゆうびんきょく)
 〒020-8681 岩手県紫波郡矢巾町流通センター南1-2-15
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300183315000/


はい。かなり規模の大きな 卸し売り企業団地 の様な所みたいです。
盛岡卸センター内にある、ラポール盛岡という建物内に設置された郵便局ですね。


さて、消印を見ると年号にアンダーバーが付いています。
年号にアンダーバーが有るものは、民営化(H19.10.1)後の「郵便局株式会社」の日付印です。

それから、印影の日付「1」がやけに太くて大きい気がしますが・・
なんでしょう?これだけ規格が違う? 年・月・日とバランスが悪くて面白い印影ですね笑


今回のピースは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は コアオハナムグリ10円(H9.11.28発行) 

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 12:48| Comment(0) | 丸型日付印 | 更新情報をチェックする



最近の記事