2017年08月24日

切手の買い取りチラシ・・


ここ数年の事だと思いますが、たまに自宅ポストにこんなチラシが入ってきます笑
写真はつい最近入っていたチラシですが、この手のチラシを配っている古物商が数社ある感じ。

IMGP0537.jpg


切手収集ブームというのは遥か遠い昔の出来事となり、もはやこの趣味も風前の灯火といった感じですが、この手の買い取り商売は今がむしろ最盛期でしょうか。

これはもちろん、ブーム世代がそろそろ鬼籍に入らんとするタイミングでの商売的な仕掛けでしょう。
この趣味を楽しんでいる身としては実に寂しい限りですが、時の流れには逆らえません。


どのチラシを見ても、目に飛び込んでくるのはずいぶんと景気のいい数字です・・
現実は二束三文で買いたたかれるのでしょうけど、収集家本人でなければ気にならないでしょうね。

趣味の世界ではありがちですが、マニアの収集物というのは家族にはゴミ同然だったりしますから笑


ところでこの商売、首尾良く二束三文で買いたたいたとしてその後どう現金化するのか?
これが気になります笑

よほど価値あるものならばオークション等でもそれなりの値段が付くとは思いますが・・
大抵のものはどのみち二束三文ですよね?しかも売りさばくには結構手間がかかります。

二束三文で買ったものを二束三文で売って、はたして商売になるのか?
薄利多売で利益を得られるほど、大量に商材が集まるのか?

単に未使用切手を額面割れで買い取る商売なのかもしれませんが・・


ちょっと商売の裏側を覗いてみたくなります笑



posted by ぽすねこ at 10:00| Comment(0) | coffee break | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

丸型印 東京・台東三筋 (21.4.30)


taitmi21.jpg


今回は 丸型日付印 です。
印影は 東京・台東三筋郵便局 平成21年の消印。

さっそく郵便局を調べてみましょう。

 台東三筋郵便局 (たいとうみすじゆうびんきょく)
 〒111-0055 東京都台東区三筋2-7-11
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300100193000/


はい。下町の小さな郵便局といった感じでしょうか。

画像検索で風景印が出てきましたが、提灯の形をした風景印ですよ笑
この辺りの局の風景印はこぞってこの形みたいですね。良い感じです。


さて、印影の年号にはアンダーバーがあります。

年号にアンダーバーが有るものは、民営化後の「郵便局株式会社」の日付印です。
アンダーバーが付けられた期間は H19.10.1~H24.12.31 の約5年間となります。


ところで、この印影では活字のはめ込み構造がよくわかりますね笑

郵便用語?で 年月日の活字を入れ替える意味でよく「更植」という言葉が出てきます。
更新の「更」に植字の「植」で「更植」。わかり易いですが一般的には通じなさそうな言葉です笑


今回のピースは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は カワラナデシコ270円(H6.1.24発行) コチドリ110円(H9.7.22発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 丸型日付印 | 更新情報をチェックする



最近の記事