2016年10月23日

発光切手 キク15円


hakko.jpg


印面内周に発光剤で枠を印刷した、いわゆる発光切手と呼ばれるものです。
自動取り揃え押印機の実用試験用に発行された2種類のうちの1つになります。

スキャナー画像では分かり難いですが肉眼でハッキリと発光枠を確認できます。
発行は S41.7.18  発行数は 1500万枚とされています。


ついにと言うか、やっと私の手元にも発光切手がやってきました!
旧キクと旧金魚を拾いあげる度、浅い角度で確認する儀式がとうとう報われましたよ笑

いやあ、このキクに関して言えば1500万枚も発行されているのにナゼ?
と思うくらい見つからないので半ばあきらめムードでした笑

500万枚しか発行されなかった旧フジですら手元に数枚は有るというのに・・
発光切手はナゼにこんなにも見つからないのか? 謎です笑

この調子でもう1種の 金魚7円(発行数 579万枚)の方も見つけたいところですね。
発行数的にはキクより格段に難しいと思われますが笑


こちらは骨董屋さんで買った4,50年代メインの紙付きの塊から発見です!
台切手は 発光切手 キク15円(S41.7.18)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 06:00| Comment(2) | 日本切手 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそも販売された地域に極端な偏りがあるわけで、使用例も勿論殆ど販売された地域のものでしかありません。(収集家が作ったもの以外は。)
だから、キロボックスでも発行切手は全くないか、ごっそり入っているか らしいです。
Posted by ていけん at 2017年05月30日 22:55
>ていけんさん

そうなんですよね、販売地域に偏りがあるのでその地域の郵便物から出てきた使用済みの塊が金鉱脈ということになりますね! それにしても出てきません笑 「この塊にごっそり入ってたらどうしよう・・」そういう夢はいつも見ているのですが笑
Posted by ぽすねこ at 2017年05月31日 00:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事