2016年10月26日

消印もれ印 銀座局


ginnkeshi.jpg


消しもれ印、いわゆる「消印もれ印」です。
アクセス記録をみると消もれ印って意外と人気ある?

さて、今回は銀座郵便局の消もれ印です。


ぱっと見、あか抜けた感じがするのは活字がゴシック体だからですね。
消しもれ印は前回の那覇中央局のような明朝体?が多い様です。

印自体のデザインパターンはありがちですが、ゴシック体は珍しいかと。 
さすがは銀座です笑 はい。


余談ですがこの切手、発光枠が有るように見えませんか?
実はこのメジロ50円には発光タイプが存在します(小型シートのもの)

これは!と思って切手をはがしてみました(別のピース)
別ピースなのですが全く同じハガキで同様に発光っぽいモノです笑

裏面を見ると何かの応募ハガキからのピースで出所が同じなんですね。
こういう事はキロボックス等ではたまにあります。

で、切手をはがした結果は・・がっかりするものでした笑
なんと切手の貼り位置を示すベタ塗りの四角が印刷されており、それが透けていたのです。

これはもう切手を貼った人を褒めるしかありません。
なにしろ発見した3ピースともどんぴしゃの位置に貼られていたのですから笑

こんながっかりの繰り返しが実は楽しいので、まあ良しとしましょう。
なんか余談のほうが長くなっちゃいました笑


こちらは近年ものキロボックスから捕獲。
台切手は メジロ50円(H6.1.13発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 06:00| Comment(0) | 消印もれ印 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事