2017年02月11日

第1次国立公園 富士箱根 河口湖からの富士


kokuritufuji8.jpg


第1次国立公園切手は戦前から戦後にかけて発行された切手シリーズです。
戦後のものはS26年まで額面が銭位00表示だったりとバラエティ豊かですね!


今回の切手は 富士箱根国立公園 として発行された4種のうちの一枚。
4種はそれぞれ春夏秋冬の富士山を望む景色となっています。

河口湖からの富士 (S24.7.15 発行) は春の景色です。
手前右側はきっと桜ですね。河口湖の湖面には逆さ富士が映っています。

実は 富士箱根国立公園 については戦前にも1度(4種)発行されているんです。
日本人にとって富士山がいかに特別な存在なのか分かりますね笑


さて、消印の方を見てみましょう。
印影は右書きの櫛型日付印で 豊島(C欄:東京都)S24.10.5 の消印です。

発行後3ヶ月以内のほぼ満月印、印影の状態も悪くないですよね!
切手が少し皺っぽいですが、お気に入りの一枚です。


こちらは使用済み日本切手ぐちゃまぜ2kg玉から発見しました。

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 日本切手 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事