2017年03月29日

局名間バー入り櫛型印 大分 (51.6.25)


baroita51.jpg


今回はいわゆる 局名間バー入り櫛型印 です。
櫛型印の局名活字の間に何故か「-」が入っているという謎の消印です笑

印影は 大分局 昭和51年の消印で局名が「大-分」となっていますね!
「局名間バー入り~」は九州管内の局に見られるとされており、このピースも教科書通りです。


一応郵便局を調べておきましょう。

どうやら S62.7.1 に改称となり現在は「大分中央郵便局」となった様です。

 大分中央郵便局 (おおいたちゅうおうゆうびんきょく)
 大分県大分市府内町3-4-18
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300172001000/


沿革を見ると歴史が古く1872年(明治5年)7月に郵便役所を設置したのが最初の様です。
日本最初の郵便切手である手彫り切手の「竜文」が明治4年4月20日発行ですからね笑


さて、今回のピースですが合計で1000円ですから小包便かなにかでしょうか?
どうせなら既に発売されていた吉祥天立像1000円切手が貼られていたら素敵だったのに!

だけど、吉祥天立像1000円の1枚貼りだと私の手元には来てませんねたぶん笑


こちらは骨董屋さんで買ったS40-50年代メインの塊から発見しました。
台切手は はにわの兵士200円(S51.1.25発行)


  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 局名間バー入り櫛型印 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事