2017年05月24日

消印もれ印 浦和中央局 φ20


basaramor.jpg


今回はいわゆる 消印もれ印 です。
消印し忘れた切手に対して、後から消印するためのもので 抹消印 とも呼ばれるようです。


印影は 浦和中央局 デザインはオーソドックスなタイプですがサイズが大きいですね!
浦和中央局 の 消印もれ印 は以前にもご紹介したことがありました。

郵便局を調べておきましょう。
現在は改称されて「さいたま中央郵便局」になっています。

 さいたま中央郵便局 (さいたまちゅうおうゆうびんきょく)
 埼玉県さいたま市南区別所7-1-12
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300103001000/


沿革(wikipedia抜粋)

 明治5年7月1日 - 浦和郵便取扱所として設置。
 昭和33年4月  - 局舎新築落成。
 昭和53年3月  - 浦和市高砂二丁目から、同市別所に局舎を新築、移転。
 昭和62年7月1日- 浦和中央郵便局に改称。
 平成15年4月1日- 日本郵政公社発足と同時にさいたま中央郵便局に改称。


はい。日本郵便史の草創期に設置された、たいへん歴史ある郵便局ですね!

浦和中央局という名称だったのは S62.7.1~H15.3.31 の期間ということになります。
シジュウカラ70円は H9.7.22発行なので、押印期間は H9.7.22~H15.3.31 まで絞り込めますね。

しかし追跡もここまで。これ以上は手がかりがありません。
それにしても高額切手の消印もれは痛手でしょうから、抹消できて良かったですね笑


こちらは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は 伐折羅大将500円(S49.11.11発行) シジュウカラ70円(H9.7.22発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 消印もれ印 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事