2017年05月27日

アメリカ 1セント切手 の ニセモノ?


usa01.jpg


外国切手をご紹介しようと思い、宝箱を漁っていたら変な切手?を発見しましたよ笑
この切手可愛いな~と、何気なく額面を見てギョっとしました!

額面が「01」なんです笑
もしやエラー切手? と思ってネット上の切手カタログ colnect で調べてみました。


おそらく 1セント か 10セント切手だろうと目星をつけて調べると・・・
ありました! American Kestrel という鳥が描かれた 1セント切手 ですね。

この切手は1995 1991年~2000年にかけて発行された様で、数種のバラエティが有るようです。
しかしながら、今回の額面「01」に関しては記載されていません・・

(2017.5.28追記)
コメント欄にギョっとする情報をいただきました!
なんとですね、ちゃんと colnect に 額面「01」の切手 が載っていますよとの事!

さっそく見てみると・・ 載ってました~笑

いや~ほんとにちゃんと調べなくてごめんなさい^^;
ニセモノ呼ばわりしてごめんなさい^^;

だけどこの額面表示は無いでしょ!ってツッコミたくなりませんか笑
いや、勝手な思い込みで記事にしちゃった私が悪いのですが・・^^;

以下、思い込みというものの怖さを記録として残しておきたいと思います・・笑

明らかにおかしな今回の切手ですが、これはたぶんニセモノなのだろうと思っています笑
良く見ると目打ちの感じもおかしいですよね?

印面に消印の痕跡?がありますので、実際に使用されてしまったのかもしれません。


とはいえ、これがニセモノだったとしてですね・・
はたして1セントなどという超定額切手をわざわざ偽造するかなという疑問はあります笑

それに本気でニセモノ作るなら額面もちゃんと刷りますか・・
なら何だろう・・ 子供の郵便ごっこ用シール?リアルすぎない?

いろいろと謎が多いので、何かご存じの方おられましたら是非情報をお寄せください笑



(はい。思い込みというのは怖ろしいものですね!)
こちらは国内外混合370グラム玉からの発見です。

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(6) | ナニコレ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しく拝見させていただいています。
colnectに額面01がありましたよ。1セントらしいです。
色調は多少違いますが,多分これだと思います。↓
http://colnect.com/ja/stamps/stamp/95103-American_Kestrel_Falco_sparverius-Flora_and_Fauna_Issue-アメリカ合衆国
Posted by 広島県人 at 2017年05月28日 18:54
>広島県人さん

オーマイガー!なんとなんと笑
ほんとだ載ってますね!これは・・どうしよう笑
完全に調査不足・・というかちゃんと調べろよって感じですよね笑 いやーまいりました。

ちゃんと調査していただきありがとうございます!(良かったですほんとに!)
それにしてもなんなのでしょうこの額面表示は笑
これはなあ・・これは無いと思いませんか~笑
ほんとどうしよう・・笑
Posted by ぽすねこ at 2017年05月28日 21:13
http://piyonne.jugem.jp/?eid=134
には「03」もあります。

1991年発行であることは間違いなさそうなので、
その頃ならまだ日本語のアメリカ切手カタログもあるのではないかと思います。
「¢」表示がないので、額面アルファベット切手と同じようなもので、
数字は額面ではなく同種の切手としての発行順を示すものかもしれません。
アメリカ切手を集めていない者としては、こんな推理です。
Posted by ていけん at 2017年05月28日 21:20
>ていけんさん

私も先ほど「03」も確認しました!
こちらをご覧下さい→http://colnect.com/ja/stamps/stamp/95105-Eastern_Bluebird_Sialia_sialis-Flora_and_Fauna_Issue-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD
数字は金額「¢」を表しているのは間違いないようです。ざっと見た感じ(また思い込みで書いてますが笑)切手額面の「¢」を省略した切手はそれまでにも有った様ですが、「1」を「01」と表記する必要が有ったのかどうか疑問ですね笑おかげで恥ずかしい事になっちゃいました笑 日本語のアメリカ切手カタログは1988年版が手元にあるのですが・・笑
Posted by ぽすねこ at 2017年05月28日 21:52
早速訂正ありがとうございます。
私もアメリカ切手は収集していないので,「01」のなぞは知りませんが,私なりの推理をしてみました。
他の額面の切手も¢を省略しているので,昔から単位は書かなかったのでしょう。
日本でも単位「円」は入っていません。
ドル単位の切手では数字の前に$を書いていますから,「1」や「3」だけだと瞬時には「$1」か「1¢」か判別できない(またはいたずらで$を書き足されたら困る)ので,2桁表示にしたのではないのでしょうか。
5セントも「05」と書かれています。(例えば,http://colnect.com/ja/stamps/stamp/94496-Luis_Munoz_Marin-Great_Americans-アメリカ合衆国 など)
だけどこの額面表示は無いでしょ!ってツッコミがはいって,1桁セントのときには後ろに¢を書くことにしようとなって,「1¢」と「3¢」が新たに発行されたのだと思います。
いかがでしょうか。
因みに「01」,「1¢」が発行された年にはそれぞれ郵便料金が値上げされているようです。(25→29→32)
ただ,私には「O1」(オー1)に見えてしょうがないです。

Posted by 広島県人 at 2017年05月29日 21:57
>広島県人さん

いえいえ、おかげさまで早々に訂正が出来て本当に良かったです笑 なるほど素晴らしい推理ですね!確かに日本切手には単位が入ってませんねえ、今まで考えた事もありませんでした笑 ツッコミが入って「¢」を付けたという推理は全く同感です笑 アメリカ人もこれはちょっと変だぞ・・と思ったのでしょうね!「O1」(オー1)ですか^^ 私は「10」が間違えてひっくり返ってるエラーかと思いました^^;
Posted by ぽすねこ at 2017年05月29日 23:04
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事