2017年06月07日

和欧文機械印 高崎 (82.11.14)


taksak57.jpg


今回は 和欧文機械日付印 (元号入り)です。
局も日付もありふれていると思いますが、台切手が少し面白いものです笑


印影は 高崎郵便局 1982(S57)年11月14日と読みましたがいかがでしょうか?
台切手は 笛吹飛天70円 (S55.11.25発行) です。

さて、この笛吹飛天70円切手は 消印が読み難い事で有名な切手のひとつですよね!
なにしろこの図案でこの刷色ですから読み難くて当然です笑

印影を読めない事がほとんどの中で、こうして読めるものが出てくるとすごく嬉しいです。
消印が和欧文機械印という点も、お宝要素が高いのではないかと思います笑


このピースが1枚貼りだったとすれば、定型普通郵便(50g以下)の郵便物だったと思われます。
この料金の適用期間は(S56.1.20~H1.3.31)、切手の現役期間は(S55.11.25~S57.12.5)

ということで、両者が重なるのは(S56.1.20~S57.12.5)と2年に満たない期間なのですね。
まあ微妙に貴重といえる使用例になるかと思います笑


ところで、この「笛吹飛天70円切手」ですが、あまり評判が良くなかったそうです。
それもあってか、発行後約2年ほどで「シカ70円」に置き換わってしまいました笑

私はこの切手けっこう好きなんですけどね!


こちらは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は 笛吹飛天70円(S55.11.25発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 和欧文機械印 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事