2017年06月26日

丸型印 鹿児島・種子島 (25.11.2)


tanega25.jpg


今回は 丸型日付印 で 離島局のものになります。
印影は 鹿児島・種子島郵便局 平成25年の消印。


種子島(たねがしま)はロケット打ち上げの種子島宇宙センターのある島ですね!
以前、 種子島郵便局の櫛型日付印 をご紹介していますので、そちらもご覧下さい。


はい。櫛型日付印(S53)当時の印影は局名表示が「種子島」でした。
今回の丸型日付印では局名表示が「鹿児島・種子島」に変更となっていますね!

理由は・・ わかりません笑
民営化時に変更になったのでしょうか?風景印は「種子島」のままの様ですが。


郵便局の沿革を見ておきましょう。

種子島郵便局の沿革(wikipedia抜粋)
 明治11年 - 種子島西ノ表(たねがしまにしのおもて)郵便局(五等)として開設。
 明治14年 - 種子島ノ内西ノ表郵便局に改称。
 明治19年 - 再び、種子島西ノ表郵便局に改称。
 明治27年 - 西ノ表郵便局に改称。
 明治30年 - 西ノ表郵便電信局となる。
 明治36年 - 通信官署官制の施行に伴い西ノ表郵便局となる。
 明治45年 - 北種子(きたたね)郵便局に改称。
 19xx年 - 種子島郵便局に改称。
 平成19年 - 民営化に伴い、併設された郵便事業鹿児島支店種子島集配センターに一部業務を移管。
 平成24年 - 日本郵便㈱発足に伴い、郵便事業鹿児島支店種子島集配センターを種子島郵便局に統合。


なんだか明治期にずいぶん改称を重ねていますよ!
そして「種子島郵便局」に改称された年だけがなぜ不明なのでしょうか笑

種子島郵便局なかなかミステリアスな局ですね!


今回のピースは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は キジバト80円(H19.10.1発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 20:00| Comment(5) | 丸型日付印 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
種子島郵便局になったのは、日本の郵政でない時期なので、
日本の郵政に記録がないということなのでは。
Posted by ていけん at 2017年06月27日 01:10
>ていけんさん

日本の郵政でない時期ってありましたか?
戦後の琉球郵便に種子島は含まれませんよね・・
思いつきません!
Posted by ぽすねこ at 2017年06月27日 22:30
現在の沖縄県域だけでなく、九州より南の島々(結局鹿児島県域)は
戦後徐々に日本に返還されたように記憶しているのですが。
Posted by ていけん at 2017年06月28日 00:21
>ていけんさん

琉球郵便の事かと思い最初の返信前に少し調べてみたのですが、wikipediaに「沖縄戦終結後の沖縄県は、鹿児島県所属であった奄美群島などを加え、4つの地区に分割統治された」とあって、奄美群島に種子島は含まれないので関連は無いと思ったのですが、よく読むと「奄美群島 など を加え」と書かれているのでこの記述だけではハッキリしませんね笑 もう少し調べる必要がありそうです。 
Posted by ぽすねこ at 2017年06月28日 00:39
>ていけんさん

wikipediaに「アメリカによる沖縄統治は、北緯30度線以南の鹿児島県大島郡と沖縄県で構成され、後にトカラ列島は昭和27年2月10日、奄美群島は昭和28年12月25日に返還された」との記述がありました。なのでやはり種子島はこれらに含まれていなかったみたいです。
Posted by ぽすねこ at 2017年06月28日 23:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事