2017年07月15日

和欧文機械印 小田原 (23.10.76)


odaw76.jpg


今回は 和欧文機械日付印 (国名入り)です。

印影は 小田原郵便局 1976(S51)年10月23日の消印
小田原局での和欧文機械印の使用開始は1976.9.13からとの事なので、わりと初期の消印です!

郵便局をしらべておきましょう。

 小田原郵便局 (おだわらゆうびんきょく)
 神奈川県小田原市栄町1-13-13
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300102006000/


はい。小田原城のすぐ近くにある郵便局。この辺り(堀の周辺)は散歩するのに良い感じの所です。
小田原は高い建物が少ないからか開放感があって、懐かしさもあり、結構好きな街のひとつです。

 沿革(wikipedia抜粋)
 明治4年3月1日 - 日本の近代郵便制度の創設とともに小田原郵便取扱所として開設。
 明治6年 - 小田原郵便役所となる。
 明治8年1月1日 - 小田原郵便局(二等)となる。
 明治25年1月16日 - 小田原郵便電信局となる。
 明治36年4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い小田原郵便局となる。

さすがは交通の要衝として栄えた小田原ですね!近代郵便制度の創設時からですか。
いや、むしろ此処ならルーツを飛脚の時代として想像することもできそうですね笑


さて、話しが前後しますが、小田原局での和欧文機械印(国名入り)使用期間は割と短かいです。
1976.9.13~1979.8.31までですから、3年弱ということになりますね。

ということで、まあまあ見つけにくい消印かと思われます笑


こちらは骨董屋さんで購入したS40~50年代ものキロボックスからの発見です。
台切手は 弥勒菩薩像50円(S51.1.25発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 11:31| Comment(0) | 和欧文機械印 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事