2017年07月20日

和欧文機械印 塩釜 (01.11.21)


shiogama01.jpg


今回は 和欧文機械日付印 (横波型) です。
毎度おなじみのパターン笑 台切手が少し面白いやつですね。

印影は 塩釜郵便局 2001(H13)年11月21日の消印。
台切手は ミカドアゲハ15円 です。


このピースが1枚貼りかどうかは判りませんが、なんとなく1枚貼りの雰囲気があります笑
もし1枚貼りであれば「低料第三種郵便物」の使用例かと思われます。

以前、ミカドアゲハ15円に調布局の和欧文機械印 をご紹介しているのでご覧下さい。
このときは 1枚貼りと断定したような書き方でしたが、確証はありませんね笑


郵便局を調べておきましょう。

 塩釜郵便局 (しおがまゆうびんきょく)
 宮城県塩竈市港町2-8-18
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300181016000/


はい。塩釜の「釜」が住所表示では「竈」なんですね! いままで気付きませんでした笑
こういうパターンたまにありますよね・・ 思いつくのは龍ヶ崎市の「龍」と「竜」の例です。

ちなみに「釜」はナベ・カマのカマの意味で、「竈」は釜をのせる「かまど」の意味との事。
つまり意味が微妙に異なるみたいです笑 それにしても「竈」は難しくて書けませんよ・・


こちらは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は ミカドアゲハ15円(H6.4.25発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 17:00| Comment(0) | 和欧文機械印 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事