2017年08月19日

和欧文機械印 名古屋中央 (83.9.24)


nagoc83.jpg


今回は 和欧文機械日付印 (元号入り)です。
特にどうということもないピースですね笑

印影は 名古屋中央郵便局 1983(S58)年9月24日の消印。
郵便局を調べておきましょう。

 名古屋中央郵便局(名古屋西郵便局JPタワー名古屋内分室)(なごやちゅうおうゆうびんきょく)
 〒450-8998 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-1
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300121800000/


あれっ?名古屋西郵便局JPタワー名古屋内分室??なんでしょう?調べてみました。
すると・・ すごくややこしい事になっていますね、沿革をご覧下さい笑

沿革(wikipedia抜粋)
平成12年10月23日 - 名古屋中央郵便局の西区天神山町へ移転。
平成24年10月9日 - 再開発事業に伴い、仮店舗となる名古屋大同生命ビルの1Fに移転。
平成27年12月7日 - JPタワー名古屋へ移転し、名古屋中央郵便局名古屋駅前分室を名古屋中央郵便局に昇格・改称、これに伴い従来の名古屋中央郵便局は名古屋西郵便局に改称。併せて、名古屋西郵便局JPタワー名古屋内分室が新設。名古屋西局の分室となったタワーズ内分室は、引き続き存地。仮店舗であった名古屋大同生命ビルの1Fの跡地には、当局転出の1週間後にそれまでのタワーズ内郵便局を移転させ、同局から改称された名古屋柳橋郵便局が設置された。


はい。wikipediaの記述をだいぶ整理して記載したのですが、それでも分かり難いです笑
くわしくは沿革以外の記述を含めて 名古屋中央郵便局(wikipedia) をお読み下さい!

う~ん、暑い日にこういうの調べているとめまいがしてきそうです笑


こちらは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は シカ70円(S57.12.6発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 17:11| Comment(4) | 和欧文機械印 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
28年秋に、タワーズ15階かにあったタワーズ内分室はなくなりました。
大同生命ビル1階の名古屋柳橋郵便局の隣に、名古屋中央郵便局新切手発行日初日押印会場があります。同所が名古屋駅前分室仮局舎だった頃は、名古屋中央郵便局新切手初日押印会場は同ビル8階だったかにありました。(数回行きました。)
JPタワー名古屋内分室は、掲出してある開庁時間も常に閉めていてブザーで呼び出すと出ては来ますが、個人客だと怒りだして受け付け拒否です。大口用窓口だという認識だそうです。
まあ、この印影の頃には全く関係ない話ですが。

東京中央・大阪中央・富山中央などと同様、名古屋中央も現在は集配していない窓口のみの中央郵便局ということです。
Posted by ていけん at 2017年08月20日 01:14
>ていけんさん
詳しい解説ありがとうございます!切手発行日初日押印会場なるものに行った事がないので想像できませんが、いまでも大勢集まるのでしょうか?中央郵便局というと郵便局の親玉みたいな存在で子供の頃は畏れ多くすらあったのですが、今や存在そのものが薄れつつあるように感じます・・
Posted by ぽすねこ at 2017年08月21日 22:48
新切手発行初日の押印、少なくとも大阪中央郵便局に関しては
最盛期の半減どころではなく、数分の一かと。
私が行くような時間では多くても10人、先日のリラックマでも女性が多くて20人くらい
しか並んでいませんでした。
大阪駅前にあった旧局舎では、下手すると9時半くらいの一番混んでいる時間には
最後尾は局舎の外でした。(新切手購入にも同じくらいの行列ができていました。)
だから、名古屋中央郵便局や東京中央郵便局が、局舎建築中はともかく
新局舎落成後もずっと局舎外に新切手発行日の特設会場を設定し続けていることが
わけわかりません。
一部では、名古屋や東京は新局舎に爺が来て欲しくないんだとも聞いていますが。

中央郵便局は、窓口機能強化すれば良いのかもしれません。
物流としては、郊外の広い場所でやる方が効率良いのでしょう。
それにしても、京都府南部の片隅(城陽市)で、京都府のみならず滋賀県の分まで
処理するなんて。
Posted by ていけん at 2017年08月22日 01:42
>ていけんさん
やはり人出は少ないんですねえ。近年切手女子?とよばれる女性切手愛好家の方が増えた様な印象がありましたが、従来の郵趣家とは趣味の方向性がだいぶ違う様ですし、初日印押印等の旧来型のサービスは需要が無くなって来ている感じでしょうか。当の郵便局もやる気が無さそうですね・・ 
Posted by ぽすねこ at 2017年08月22日 23:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください



最近の記事