2017年04月30日

鉄郵印 大阪新潟間 上・敦・直 (43.9.7)


tetuoni43.jpg


今回は 鉄道郵便日付印、いわゆる鉄郵印です。
鉄道輸送中の列車内で消印されたもので、鉄道好きにはたまらない消印ですね!

印影は 大阪新潟間 上り便の 敦賀-直江津 間で押印されたもので昭和43年の消印です。
上り便なので、新潟から大阪に向かう列車内で消印されたものということですね。


大阪新潟間(敦賀-直江津) は 金沢鉄道郵便局の管轄です。
鉄道路線は (新潟)- 信越本線 -(直江津)- 北陸本線 -(米原)- 東海道本線 -(大阪) 


どの様な列車だったのか頑張って調べたのですが、かなり難しいです笑
可能性として、鈍行客車列車、敦賀到着は夕方?、米原-大阪間は荷物列車に連結?・・etc

大阪新潟間は大阪青森線の一部で、郵便車が区間毎に別の列車に連結された可能性があります。
また旅客列車以外に荷物列車(時刻表に出てこない)に連結された可能性があります。

ということで調査難易度が高そうな路線ですね!
調査は続けたいと思いますので、新たな情報が分かり次第追記したいと思います。


こちらは骨董屋さんで買ったS40-50年代メインの紙付きの塊からの発見です。
台切手は 金魚7円(S41.7.1発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 10:00| Comment(0) | 鉄道郵便印 | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

鉄郵印 長万部岩見沢間 下二 (51.2.2)


osyiwa51.jpg


今回はひさびさの 鉄道郵便日付印、いわゆる鉄郵印です。
郵便物の鉄道輸送全盛期、列車内で消印されたロマン溢れる消印ですね!


印影は 長万部岩見沢間 下り第2便 の鉄郵印で、昭和51年2月2日の消印です。
下り便なので 長万部発→岩見沢行き の列車内での消印ということになりますね。

長万部岩見沢間の管轄は 札幌鉄道郵便局。
鉄道路線は函館本線ではなく、海側を走る 室蘭本線(当時は国鉄の鉄道路線)です。

調べてみると、この路線では消印の前年の昭和50年12月14日まで蒸気機関車が走っていました!
ということで今回の消印は、残念ながら蒸気機関車引退直後のものと云うことになります笑


さて、この消印がどの列車内で押印されたものなのかが気になります。
鉄郵印は毎度これが気になるのですが、資料不足でなかなか特定する事ができません笑

今回も頑張ってはいるのですが(楽しい)今のところ不明です。
候補として目を付けているのは 229列車 (函館発 岩見沢行き 鈍行客車列車)です。

下りは2便あるはずなので、もう1列車みつかれば特定も近いのですが・・
新しい発見があれば追記したいと思います。


こちらは骨董屋さんで購入したS40~50年代ものキロボックスからの発見です。
台切手は 弥勒菩薩像50円(S51.1.25発行) 今回のピースは初期使用例です!

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 鉄道郵便印 | 更新情報をチェックする



最近の記事