2016年10月10日

鉄郵印 一関大船渡間 上一 ( 41.8.26 )


ichioofunat.jpg


鉄道郵便印、いわゆる鉄郵印です。
列車に連結された郵便車の中で消印されたもので旅情をかきたててくれます!

「一関大船渡間」の管轄は 仙台鉄道郵便局 で路線は 大船渡線(当時は国鉄)
「上一」は上り(大船渡→一関)の 郵便輸送第1便 列車内で消印されたという意味です。

この大船渡線(現在はJR)ですが、H23年の東日本大震災で甚大な被害を受けました。
H28年現在も「気仙沼-盛」間は不通のままでバス高速輸送による仮復旧となっています。


さてS40年代の大船渡線を調べてみるとS43.3.19まで蒸気機関車が活躍していた様です。
ということでこのピースも蒸気機関車が牽引する列車で旅をしたのかも!

と思ったのですが、ネット検索ではそこまでの情報は得られませんでした。
ひとつ分かったのはキハユニ26が既に配備されていた可能性があることです。

キハユニ26は気動車で運転室-荷物室-郵便室-客室と区分された面白い車両です。
これはこれで魅力的で、ディーゼル音が響く狭い郵便室内での作業を想像させてくれます。

いずれにせよ、このピースはSLの汽笛を聞いているに違いないと思うと堪りませんね笑
鉄道郵便印の魅力が凝縮されたピースだと思います。


切手の方に目を向けると、これまた魅力的なピースと言えます。
この切手はS41.7.1発行ですがS42.7.20に色検知対応のため改版・刷色変更となっています。

現役期間が短く使用例も少なめのため、この切手の消印を見るときは少しドキドキします笑
今回の消印は41.8.26。現役真っ盛りの適正使用例ということでご機嫌なのです!

「定型速達便での適正使用 旧65円1枚貼り 鉄郵印の良消し」言うことありませんね笑


こちらは骨董屋さんで買った4,50年代メインの紙付きの塊から発掘しました!
台切手は はにわの馬65円(S41.7.1発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 06:00| Comment(0) | 鉄道郵便印 | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

鉄郵印 福島秋田間 上二(44.11.13)

てつゆう.jpg


鉄道郵便印 いわゆる 鉄郵印 です。
列車の中で消印されたというロマンがあります。


福島秋田間は 仙台鉄道郵便局 の管轄で鉄道路線は奥羽本線です。
上二なので秋田発福島行きの第2便という事になりますね。

昭和44年は奥羽本線が電化されてまもない頃のようです。
電気機関車が牽引する客車列車に連結された郵便車の中でこの消印は押されたのかな。
想像するとなんだか旅をしているようなわくわく感があります。


最近骨董屋さんで購入した昭和4、50年代ものが多く含まれるキロボックスから出ました。
台切手は 郵便番号宣伝(2次)7円 (S44.7.1発行) 発行年の消印 この切手シリーズ好きです。

まだ全然見てなくて上の方を一すくいした中に発見!(期待が高まります笑)
切手は剥がさないでこのままのほうが良さそうですね。

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 18:21| Comment(0) | 鉄道郵便印 | 更新情報をチェックする



最近の記事