2017年06月30日

栃木・徳次郎 (11.4.9) 丸型印


tokujiro11.jpg


今回は変わった局名シリーズです!
栃木・徳次郎局 なにやら人名の様ですが・・

印影は 丸型日付印で 平成11年の消印。
郵便局をさっそく調べてみましょう。

 徳次郎郵便局 (とくじろうゆうびんきょく)
 栃木県宇都宮市徳次郎町2153-4-6
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300107056000/


はい。町名が「徳次郎町」なんですね!
これまでの経験から、この手のやつは大抵が地名というのが分かってきました笑

それにしても面白い町名ですね笑
名称の由来についてwikipediaに記述がありましたので抜粋します。
徳次郎の地名の由来には諸説在る。平安時代後期以降、江戸時代までに一般化した地名と考えられている。読みに『とくじら』と『とくじろう』の二通りがある。当初は『外久次良』(とくじら)の地名だったが新田徳次郎昌言がこの地に徳次郎城を築いたことに因んで漢字を当てて『徳次郎』(とくじら)としたため、後世に『徳次郎』の文字だけが一人歩きし『とくじろう』と誤読されたと云われる。

当て字が誤読されて現在に至るとは何とも面白いですね笑
この辺り、江戸時代には日光街道の宿場町徳次郎宿が栄えたそうです。

話は変わりますが地図を見ていて妙な建物を見つけましたよ!
郵便局の西南西の方角に何やらあやしげな・・

なんじゃこりゃ?? と気になった方は検索してみて下さいね!
なぜ此処に?・・というものが在ります笑 徳次郎町・・なかなか奥が深そうです・・


今回のピースは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は ヤマセミ80円(H6.1.13発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(0) | 局名アレコレ | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

青森田舎館 (25.7.6) 丸型印 


aomink25.jpg


今回は変わった局名シリーズです。
青森田舎館・・ 青森にあえて田舎館なる施設とはこれいかに。

さっそく郵便局を調べてみましょう。

 田舎館郵便局 (いなかだてゆうびんきょく)
 青森県南津軽郡田舎館村畑中藤本169-3
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300184128000/


はい。なんとなんと「田舎館」は施設の名称ではなくて地名でした!
てっきり昔の農機具などが展示されている地味系施設かと思いましたよ笑

さて、田舎館村は間違いなく田舎だとは思いますが、周りも田舎な訳でその由来が気になります。
田舎の中の田舎(キング・オブ・田舎)なのか、特に意味は無いのか、そもそも田舎とは何か?

調べてみましたが、いつもの事ながら由来は分かりませんでした。


代わりに「田舎」についてちょっと調べてみました。

「田舎とは都会から離れた土地を意味しており、田舎という概念は都市というものが出来てはじめて(対比的に)登場した」とあります。そして既に日本書紀や万葉集に「田舎」の語が現れていたそうですから驚きですね!


今回のピースは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は キジバト80円(H19.10.1 発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00| Comment(2) | 局名アレコレ | 更新情報をチェックする



最近の記事