2017年01月15日

ダブル消し 大阪中央 (46.8.17)


duos46.jpg


今回はこのブログでおなじみの ダブル消し です。
何らかの手違い?により2回消印されたピースになります笑

さっそく印影を観察してみましょう。

・大阪中央局 国名入り和欧文機械印 (17.8.71 12-18)
・大阪中央局 櫛型日付印 (46.8.17 12-18)


ということで、同一日時、同一局内でのダブル消しです。

どちらの消印も時間帯まで同じなので印影からは前後が分かりませんが
普通に考えて手押しの櫛型日付印が先の様な気がします・・

でもですね、機械印で一番下の5円切手が消しきれていないのです・・
なので気付いた職員が櫛型印で消す際に勢いでダブル消しにした可能性もありますよね笑


郵便物としては 第一種定型(25g以下) の速達で料金85円ということになります。
S46.6.30までは65円で済んだのですが、S46.7.1の料金改定で85円になったのですね!

切手を見ると65円に新発売の郵便番号15円、手元に残っていた5円を貼り足した感じかな笑
この感じからすると郵便物はポスト投函(青い速達用ポストかも)だったかもしれません。

まあいくら想像してもダブルになった理由を含め真相は明らかになりませんが笑


こちらは骨董屋さんで買った4,50年代メインの紙付きの塊からの発見です。
台切手:はにわの馬65円(S42.7.20) 郵便番号宣伝15円(S46.7.1) オシドリ5円(S30.9.10)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 06:00| Comment(0) | ダブル消し | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

ダブル消し 榛原 (44.5.17) / 秋田 (44.*.*)


doyas.jpg


今回はいわゆる ダブル消し です。
理由は分からないけれど何らかの手違いで2度消印されたものです笑


さっそく消印を見てみましょう。

・手押しの櫛型日付印で 榛原局 (44.5.17 8-12)
・和文機械印(唐草機械印)で 秋田局 (44.*.*) 年号以外は日付データなし

櫛型印の方は最初漢字が読めずに焦りました・・笑

 榛原郵便局 (はいばらゆうびんきょく)
 静岡県牧之原市静波1369-6
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300123023000/

秋田の方は調べる必要もないでしょう。


ということで、櫛型印は静岡県、機械印は秋田県の郵便局の消印です。
秋田局の方は日付も時刻もデータが無いので消印の前後関係は分かりません。

しかし普通に考えて目視のうえ押印する櫛型印が後からとは考えにくいので
静岡・榛原局で押印後、配送先の秋田局で誤って機械押印・・という流れかと思われます笑


毎度の事ながら集配の知識が無いので何故こういう事が起きるのかは分かりません。
ただ、おそらく現場は郵便物であふれかえっていたんでしょうね笑


こちらは骨董屋さんで買った4,50年代メインの紙付きの塊からの発見です。
台切手は 全国交通安全運動15円(S44.5.10発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 06:00| Comment(0) | ダブル消し | 更新情報をチェックする



最近の記事