2017年05月30日

和欧文機械印 那覇 (11.1.14)


naha23.jpg


今回は 和欧文機械日付印 (横波型) で 離島局 の消印です。
和欧文機械印 (横波型)は1990年10月1日から使用が開始され現在も使用されている消印です。


印影は、沖縄県の 那覇局 2011(H23)年1月14日 の消印。
沖縄県は国土交通省の区分では離島ではありませんが、私的には離島だと思っています笑

それでは郵便局を調べてみましょう。

 現在は「那覇中央郵便局」に統合された「郵便事業那覇支店」の消印の様ですね!

 那覇中央郵便局 (なはちゅうおうゆうびんきょく)
 沖縄県那覇市壺川3-3-8
 http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300170001000/


はい。那覇空港と首里を結ぶ「ゆいレール」の壺川駅からすぐのところに在る郵便局です。

 沿革(wikipedia抜粋)
 明治7年 3月20日 - 那覇郵便仮役所として開所。
 明治30年 9月1日 - 那覇郵便電信局となる。
 明治36年 4月1日 - 通信官署官制の施行に伴い那覇郵便局となる。
 昭和20年 沖縄が、米軍統治下に入る。
 昭和23年 4月1日 - 那覇国際郵便交換所となる。
 昭和25年 1月1日 - 那覇中央郵便局となる。
 昭和27年 4月 琉球政府が発足し郵政局が設置される。
 昭和47年 5月15日 - 沖縄返還に伴い、郵政省の集配普通郵便局である那覇郵便局として設置。
 昭和57年 7月1日 - 那覇中央郵便局に改称。
 平成9年 3月 - 国道329号(那覇東バイパス)沿いに移転。
 平成19年 10月1日 - 民営化に伴い郵便事業那覇支店とかんぽ生命保険那覇支店を併設。
 平成24年 10月1日 - 日本郵便株式会社の発足に伴い、郵便事業那覇支店を那覇中央郵便局に統合。

んま~すごい歴史ですね笑

そして今回のピースに関する注目ポイントは平成19年の民営化時ですね。
民営化に伴い「郵便事業那覇支店」が併設されています。

今回のピースにある消印は、この「郵便事業那覇支店」のものだと思われます。
「郵便局株式会社」のものであれば「那覇中央」の表記だったであろうからです。


さて、当時「郵便局株式会社」の消印には年号部分にアンダーバーが付けられました。
アンダーバーの有無で「郵便事業株式会社」と「郵便局株式会社」の区別していたのですね。

ところで、和欧文機械印(横波型)にも年号にアンダーバーが付けられたのかどうか知りません。
もし付けられたなら、この期間の「那覇中央局」の和欧文機械印にそれが見られるはずですが。

そもそも窓口業務の「郵便局株式会社」に機械印は配備されなかったのかも知れませんね。
機械印で年号部にアンダーバーのある消印を見た記憶がありませんので笑


(追記)
後日、郵便事業那覇支店統合後の 那覇中央郵便局の印影もご紹介していますのでご覧下さい。


今回のピースは近年ものキロボックスからの発見です。
台切手は キジバト80円(H19.10.1発行)

  <スポンサーリンク>


posted by ぽすねこ at 05:00
"和欧文機械印 那覇 (11.1.14)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



最近の記事